読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるく生きたい

看護師ですがただ今休職中です。世の中とうまく向き合っていきたい。

久々の海外旅行☆ ①羽田〜香港

11月13日より、旦那の仕事先がベトナムにもあるという理由をつけて、お金もないのに勢いだけで来たベトナム

もはや魂が海外に出たがっていた、としか言えなかったかもしれない(´-`).。oO

初のキャセイパシフィック航空利用にて、香港経由ホーチミン行きへ。

 

11時台の羽田発だったので、比較的朝もゆったりできたのが良し。

しかし時間が余るくらいあったと思っても、荷物のカウンターの混み具合も凄まじく、オンラインチェックインをしておいたので、荷物の手配だけで済んでホント良かった…と冷や汗(o_o)

 

今回心配性の旦那もいるため、初めて荷物のラッピングサービス(羽田では1,000円)を利用してみる。今まで普通に鍵すらかけたこともない私はかなり無防備なようで、盗難に遭うかもなんてことを考えたことがなかった。でも渡航先はアジア。日本にいるのとは訳が違う。

実際、荷物を受け取る際も自分のものじゃないとわかったら平気で蹴飛ばして戻したり、と信じられない光景も多く見てしまった。

とても頑丈で、これならパッと開けられることはなさそうだ…f:id:komataro0310:20161122170725j:image

香港までのキャセイパシフィックの便は実に快適だった!

機内は適温であって、座席もほどよい広さがあり、窮屈感はない。首が疲れるはずの枕も適度な硬さと柔らかさがあり、上下にスライド可能。ネックピローが不要なほど!

 

そして、 機内食が意外に美味しい(^q^)

吉野家の牛丼みたいなものとそうめん、という変わった組み合わせだけどもイケる。

炭水化物三つ目のパンもふんわり素朴な味でバターと合っていて美味しい!

f:id:komataro0310:20161122172059j:image

4時間ちょいのフライトを終え、香港へ降り立つ。香港はハブ空港になってるだけあって、かなり広い!

入国するまでに電車に乗るのにビックリ!

しかもまだ手続きに至ってない場所であるのに、帽子を脱いでねと注意を受ける。でもマスクはあり。なぜ⁇